第7回発表会開催のご挨拶(終了しました)

ASHIKAWAバレエスタジオ 第7回発表会の開催にあたり、ご挨拶申し上げます。本日ご来場のご予定の皆様、ありがとうございます。

コロナ禍のため、5月5日に予定していた発表会が、本日8月24日の開催に延期になりました。やっと無事に本番を迎えることができましたが、客席は、通常の半分となってしまいました。

今年の発表会は、現在未だ収束が見えない新型コロナウイルスの影響で暗中模索の状況でした。4月からはスタジオも休講となり今まで当たり前のようにできていたレッスンも、また発表会のために頑張ってきた時間も突如奪われ、先も見えず不安な中、オンラインという形で生徒の顔を見ることができました。限られたスペースで一生懸命レッスンをする姿にはげまされました。

6月より再開できたスタジオで、2ヶ月ぶりに会う生徒達の元気な姿に安堵しながら、今までになかったスタイルでレッスンを重ねてきました。

発表会の延期日が決まりコロナ禍が収束していない中でのリハーサル等、不安が拭いきれない中、私達講師陣の踊らせてあげたいという思い、生徒達の踊りたいという思いに寄り添い御協力してくださった保護者の皆様の思いに本当に感謝しかありません。

いつも、当たり前にできていたことがどんなにありがたいことか、そしてみんなと会えること、スタジオでレッスンができることに、こんな時だからこそいっそうに感じ気づいてもらえたら良いと思います。

私達は、バレエを始める小さな子ども達にバレエを好きになってもらうこと、そして上達したいという気持ちが芽生え育まれ上達することの喜びを知ってもらうこと「好きこそものの上手なれ」の気持ちを忘れずに強く真っ直ぐなバレリーナになってほしいと願っています。

もちろん簡単に極められる世界ではないけれども、それでもバレエが大好きと思える人がたくさん生まれるスタジオとなるように、これからも成長し続けていかれればと感じています。そしてそんな生徒達で溢れるスタジオであり続けることができるように、私達講師陣も指導ができることに感謝を忘れずに生徒達と向き合って参ります。

2ヶ月という、前代未聞の空白の時間を乗り越えた生徒達がどんな想いを込めて踊るのか本番を迎えた今日は、送り出すことしかできません。ほんとうは、満員のお客様の前で踊らせてあげたいと強く思っていました。

まだまだ、未熟な踊りですが生徒達は心をこめて一生懸命演じると思います。想いを込めた一人一人の踊りをどうぞ温かく見守ってください。

勝手なお願いですが、そんな生徒達に大きな大きな拍手を、いつもより2倍3倍といただけますようお願い申し上げます。

本日の開催にあたり、大変な時期だったにもかかわらず、リハーサルや指導にあたってくださったゲストの先生方、こだわりの強い我々の想いをいつも全てくみとってくださるスタッフの方々、そして子ども達の頑張りを見守り支えてくださっている御父母はじめご家族の方々、ASHIKAWAバレエスタジオ後援会、関係者の皆様に多大な御協力ご支援をいただきましたことを、あらためて御礼申し上げます。

それでは、開演いたします。

       2020年8月24日

     ASHIKAWAバレエスタジオ

     主宰  足川 欽也